2011 総括

画像



この久々のブログを機会に音楽にまつわる1年を振り返ります。

1月はグループ魂の15周年全国ツアー
2月は武道館。Number the.の2ndアルバムリリースの準備。
3月はラジオ最終回。
そしてその一週間後、東日本大震災。

本当にいろいろ考えさせられたし感じました。
その後は日が経つのもあまり覚えてないまま気づけば秋も過ぎ。

4月はNumber the.のチャリティーワンマン(ゲストに宮藤官九郎、皆川猿時、小園竜一、箭内道彦)、いわきソニック、駅前の復興イベント、チャリティーソング「予定~福島に帰ったら」を箭内道彦とのレコーディングとリリース。
ソロでも新橋駅前のいわき支援イベント(皆川猿時)、福島駅前のTUFのイベント。
5月はJ-Waveの六本木福島復興イベント(リリーフランキー、箭内道彦)、いわきのミュージシャンのDJイベント、NHK青春リアルの福島特集に「予定~」だっぺズとナンバーザで出演。
6月は福島の友人とイベント、DJ、ソロ、Number the.楽器ショーライブ。映画「シンクロニシティー」の公開と舞台挨拶。
7月はソロで、ラジオやいわきの神社の復興祭。
8月は神宮球場の花火大会東北復興で中村雅俊と宮藤官九郎とナンバーザで。ライトアップ日本では会津の美里町へ。FMいわきのトレードでBayFM出演。グループ魂もプロジェクト福島に参加。FMいわきのガチラジも再開。

半年経とうとするこの頃、やっと自分も街も少しだけ落ち着いた気がした。
仕事っぽい感じの事にもやっと向かいあえる状態に。
正直言えば、この時期まで音楽をやる気になどなれず、
でも、何かやらずにもおれず、自分で自分を無理矢理引きづり出すような感じだった。
立ってしまえば、音楽に身をゆだねて救われたりもしたんだけどね。

9月はグループ魂でZepp東京での対バンライブ(氣志團)。
そして今思えば節目となる、写真も載せたLIVE福島。
郡山から入って、相馬、いわきとNumber the.でのライブ。素晴らしい瞬間でした。
10月のいわき復興祭は本当に地元の人たちの力強さを感じ、自分も放置していたいろいろをやらないと、って逆に思い直して、福岡天神の音楽祭にも福島のミュージシャンとして行ったりしつつ、Number the.の2ndアルバムにまつわる事も再開。
11月は、Number the.の再レコーディング。RUDE GALLERY×FENDERのイベントライブ。
12月はNumber the.2ndリリースの準備や、DJイベントを3,4回。大晦日はグループ魂でCDJ。

ざっとですが。


今までになく、福島、いわきに身も想いも寄せた年になりました。
一時は自暴自棄にも悲観的にもなり。
新聞社の知り合いに原発の爆発直後に作業現場に連れて行ってくれ、そこでの弾き語りをせてくれとか、
いわきのラジオ局に行くガソリンも物資も無いという状態で、とにかく出演させてくれとか、
今思えば訳のわからない事も言ってまわりにもだいぶ迷惑かけました。

避難所に行けたのは4月に入ってからで、現実の重さ、その場のいかんともしがたい空気は忘れられません。

秋以降は一人で自分と対峙することを求めて、以前より絵を描くことも増えた。
逆に想いがどこか似た人と無性に会いたくなり、多くを語るでもなく長い時間を過ごしたり、呑み過ぎたり。
時折、恥ずかしいほど気持ちがこぼれてしまった。

復興はまだまだこれからだし、原発の本当の収束は少なくてもあと何十年かはかかるとわかっている。

人生は本当に何がどこで起こるか全く分からないものだということを、
改めて身にしみて知った。

自分たちは地球のほんの小さな一部で、ほんの一瞬をたまたまここで生きているということを、
改めて実感もした。

儚いから、脆いから愛しい。

堅重いか。

呑んで和らげますか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)